リース家具という選択

家具は買うだけじゃない!

専用の収納家具を使わずにスペースを有効活用する方法

最近、家の中にある物の中でいらないものは手放そうという断捨離が人気です。どの家庭にも若い時に来ていたけれどももう着られない服とか結婚式の引き出物でもらったけれど使っていない食器セットなど何年もそのままになっているものはあることでしょう。しかし、手放そうと思って片付けを始めるものの結局ほんの一部しか処分することができず、もったいないとか、思い出があるといった理由でまた元の場所に戻してしまったという経験を持っている人も少なくないのではないでしょうか。そんな物がたくさん溢れている家では収納する場所を増やさないと収まりきらないと嘆いていることでしょう。

そこでおすすめしたいのが専用の収納家具を使わずに隙間を有効利用し、収納場所を増やす方法です。特に賃貸住宅などでリフォームをすることもできない家庭にはぴったりの方法です。まず、初めに必要なことは家の中に無駄にしている空間がないかよく調べてみることです。ほんの10センチでも使っていない場所があれば新しく収納スペースが生まれます。たとえば、トイレに買い置きしたトイレットペーパーや生理用品を置いておくスペースが欲しいとします。トイレの空間をよく観察し、上部に棚が設置できそうな空間を見つけます。そこに100円ほどで購入できる突っ張り棒を2本渡します。

その上にトイレットペーパーをおいて保管します。もし、小さいものも保管したい場合はカゴや箱などに入れ、突っ張り棒の上に置きます。目隠しをしたい場合はもう1本の突っ張り棒にのれんのように布をつけカーテン代わりにします。重いものでも対応できる突っ張り棒を使用するとたくさん乗せても安心です。この方法は狭い脱衣所でもタオルや着替えを入れておくなど応用できます。また、台所でよく使う計量カップやおたま、フライ返しなどをつっておく場所が欲しいとします。強力なフックを利用するとただの壁にも収納スペースが生まれます。台所の壁に強力フックを取り付け、スチールでできた網を取り付けます。そこにS字フックを必要な数だけぶら下げます。調味料やスパイス類を入れておく場所を作るのなら、プラスチックでできたカゴをワイヤーで網に取り付けます。自分の使いやすい場所に設置することができるので料理をする効率もよくなることでしょう。このように収納場所がないから片付かないのではなく、無駄なスペースを有効活用することによって美しく片付けることが可能なのだと言えます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*