リース家具という選択

家具は買うだけじゃない!

カラーボックスは便利な収納家具です

収納家具と位置付けて良い物かわかりませんが、私はカラーボックスはとても便利な収納家具だと思っています。収納家具の王様ではないでしょうか。まずは値段が安いです。安い物であればホームセンターで1000円以内で購入することも出来ます。売られている物は殆どが組み立て式ですが、女性一人でも簡単に組み立てる事が出来ます。たまに完成した状態で販売されてるケースもあります。カラーボックス程便利な物はありません。お部屋に合わせて縦て使うか、横にして使うは2通り選べることが出来ます。普通の他の収納家具であれば、縦か横のどちらかに決まっていますが、カラーボックスは縦にするも横にするも使う人の自由です。なんと、以前テレビでは大胆に仰向けにして使っている人も見たぐらいです。カラーボックスを仰向けの状態にし、裏にキャスターを取り付けてテーブルの下に入れていました。本当にカラーボックスの使い方は無限大ということですね。

例えばカラーボックスを横にして使った場合、高さは低くなります。このように配置すれば、小さなお子様がいる家庭では、お子様が自分で片付けをしやすくなります。2段重ねて使うのもお勧めです。また、カラーボックスを横置きに使うと収納する部分が縦長になるので、A4サイズぐらいの大きな雑誌を収納するのにとても向いています。それより小さい本を収納するとなると、上のほうの空間が余ってしまっり、重ねて収納して見栄えが悪くなってしまったりします。一般的に多く使われているのは、カラーボックスを普通に縦にして使用する方法だと思います。縦にするとインテリア小物などを入れて飾ることも出来ます。私は以前、縦にした状態で漫画の単行本を収納していましたが、この方法はあまりお勧めしません。何故なら、奥に合わせてきちんと収納すると、手前にもう1冊分収納出来てしまうぐらい奥行があります。奥行がある為、手前の本を取り出すのは簡単ですが、奥の本を取り出したい時は、手前の本を全部取り除かなければなりません。

そんな時にお勧めなのが、カラーボックスに入れて使う為の引き出し収納ボックスです。ホームセンターやインテリアショップ、最近では100円ショップの200円コーナーでも見かけます。カラーボックスに引き出しを入れることにより、収納方法が無限大広がります。現在私は漫画の単行本を、カラーボックスの中に引き出しを入れ、引き出しの中に立てて収納しています。これであれば、奥の物が取れないという心配はもうありません。また、カラーボックスに短い突っ張り棒を付けて使ったりするのもお勧めです。こんなに便利な収納家具は他にありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*